プログラミングをスクールで学習する上での注意点

プログラミングのスクールは、主にプログラムを作成するプログラマーを養成するため教育を施す学校です。

プログラムを作成することはソフト開発やシステム開発の中でも基本的な作業で、コンピューターに行わせる処理を機械語を活用して指示させる工程を指します。実際にはプログラマーは設計書や仕様書を見て、それに沿った形でプログラムを作成することになります。プログラムの作成は基本中の基本のため、システム開発やソフト開発に携わる上では初歩としても位置付けられます。

例えばシステム会社に入社した新人は、まずプログラミングを行うことを叩き込まれ、場合によっては専門のスクールに通わせる会社も存在するほどです。もっとも機械に何を行わせたいかを明らかにしなければ、プログラムを組むことができないのも事実となります。そのためプログラムを組む上では、機械語をマスターするよりも処理を体系化したフローチャートに重きを置くことがポイントです。フローチャートの作成は段取りをしっかりマスターすることに繋がり、それがしっかり作成できていれば90%は完成したものとなります。

多くのプログラミングのスクールが機械語そのものよりも、フローチャートなどの段取りの教育に力を入れているのはそのためです。学習が無味乾燥として面白さを感じないとの声も聞かれますが、処理の流れを構築する上では一つしか正解がないということはなく、幾つも正解があったりするのも事実となります。プログラミングのスクールで学習する上では、柔軟な思考と素直な心で学習することが上達の近道です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *