親もプログラミングスクールへ行った方がいい?

パソコンやスマートフォン等の端末の中で動作するアプリケーションは全てプログラミングされたものです。

IT技術者やプログラマーといった職業に就いている大人なら、簡単に作ることが出来ると思いますが、そうではない仕事をしているお父さん達には、アプリケーションを作ることはかなり難しそうです。そういった教育を受けていないから仕方の無い事ではあります。しかし2020年からは小学校でプログラミングの授業が必須になると言われています。そうなると宿題の中に国語、算数、理科、社会等の他にプログラミングが入ってくることが予想されます。

また授業に遅れないよう、それを学べるスクールに通う子供も出てくるでしょう。現在でも子供向けのプログラミングスクールはあります。ところで、子供が「これはどうやってプログラムすればいいの、教えて」と聞いて来た時に、習ったことのないお父さん達は何も答えることが出来ないかもしれません。またお母さんも同様でしょう。親としてちょっとかっこ悪いかもしれません。

そうならないように今から少しずつプログラミングとはどういったものか、どうやってアプリケーションを作るのか等を学んでおくとよいかもしれません。まだ小学生だからたいして難しいことはしていないといった予想も出来ますが、子供向けのスクールでは、スマートフォン向けのアプリ開発をカリキュラムに取り入れているところもあるのです。子供の成長は願うところですが、これからは親も学ばなければ付いていくのが大変になるかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *