エンジニアのスクールに通う意義について

エンジニアのスクールに通う意義は大きなものがあると考えても良いでしょう。

そしてその意義は最近になってますます大きなものとなっていると考えられます。というのはエンジニアのスクールに行って技術や知識を身につけると自分の選択肢を大きく広げて自分のやりたいようにする事が出来る用になるという事があるからです。別に今はエンジニアのスクールに行くのが雇用される為に行くだけのものではなくなっているというのが現状という事になっています。何故雇用される事だけではないのかと言うと、既に雇用という意味が無くなっているところがほとんどになっているからです。

雇用されるという事は自分の成果の一部は上の者にあげてしまうという事があるので、折角の自分の成果が意味の少ないものとなって自分の方に戻ってこないという事があるので、雇用されてしまうとむしろリスクが高くなってしまうのが今の世の中という事になっています。

成果主義という名前の元で今の企業は上が下から収益を吸い上げるという事をしているので、このような組織にわざわざ入る必要はありません。組織に入らなければ出来ない仕事もあるので、そのような時には雇用されればいいのですが、別に組織に入らなくても出来る仕事であれば自分で全てを管理してやってしまった方が自分の成果にもなって報酬も全て自分で受け取る事が出来るので、この方が良いのは当たり前です。そして、その選択をする事が出来るようになるのが、エンジニアのスクールということです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *