エンジニアのスクールでは何が学べるのか

エンジニアにスクールではこれから生きていくために必要となる知識と技術を習得することが出来るという事が大きな意味を持っています。

これは今までは雇用という事を考えていたのですが、最近は雇用だけではなく全ての自分の将来について意味のある物となると考えられてもいて、エンジニアのスクールに行く事の意義はますます高くなっていると考えても良いでしょう。今は別に雇用されることが重要ではなく、成果を出すことが重要な時代です。別に雇用されたからといってそれで生活が豊かになるわけでもなく、むしろ困窮するという事も少なくないわけで、雇用に既に昔のような意味は無くなったと考えて良いでしょう。

そんな技術や知識を身につけても意味はありません。必要なのは将来的に使う事が出来て実際に稼ぐ事が出来る技術と知識であり、それを見につけることが出来るのがエンジニアのスクールという事になって来ています。ですから、実際にエンジニアのスクールを卒業して独立をして自分で仕事をしているという人も少なからずいて、別に雇用にこだわる必要は無いという事がこの事からも証明されています。

大切な事は自分が生きるために必要なものを獲得することであって企業の雇用に拘る意味は全く無いという事を考えておく事が大切です。既に今の全ての企業が成果主義という事を考えているわけですから、成果が出せるのであれば、別に雇用される必要などないわけで、それなら独立して自分で仕事をした方が良いのは当然ということになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *