エンジニアのスクールに通い意義

今はエンジニアのスクールに通う意義はより高いものとなっていると考えて良いでしょう。

エンジニアのスクールでは利用価値の高い技術や知識を身につけることが出来るので、その力を持って就職するという事も出来るようになりますし、また自分で事業をするという事を考えても良いでしょう。今は別に雇用されるという事が一番の目的ではなくなって来ているという事が言えます。基本的に全ての企業が成果主義という名の組織の上が下から分け前を回収するというシステムが出来上がっているので、雇用されるという事は自分を不利にするだけだと考えて良いでしょう。

それならば技術と知識をもって独立して開業をするという事をすれば良いわけで、今はネットがあるのでこれで顧客とのやり取りは全て出来てしまうという時代になっています。つまり、わざわざ不利な条件で雇用されるという事をする必要が無い時代になったという事が言えるわけです。

雇用されると極めて不利な条件で働かなければなりません。時間には制約されて自分の出来る事でも我慢しなければならなくなることがほとんどでしょう。ですから、エンジニアのスクールに行く意義というのは今の時代は大きく変わって来ていて、自分の力で生きる力を獲得することが出来るという所になって来ているという事があります。別に雇用されたいという人は雇用されればいいわけで、あくまで自分の選択肢を広げる一つの方法として選択をする事が出来るようになっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *