ソフトウェア開発に使うJava言語

Java言語はOracle社が管理しているオープンソース型のソフトウェア開発言語です。

JVMと呼ばれる仮想コンピュータで動作するのでOSに依存せず、JVMで動けばOSが違っても動作すること、また、言語として安定期に入っており、習得しやすく、長期間利用しやすいことなどから利用が進んでいるプログラミング言語です。Javaを利用したソフトウェアはJVM用のソフトウェアのほかにアンドロイド用のプログラムも作成できます。アンドロイド用のプログラムではGoogle社が提供している開発キットを利用しますが、Java言語をそのまま利用してプログラムできるのがメリットの1つです。

Java言語はCやC++に比べて動作速度が遅いと言われてきましたが、JVMの開発が進み、システム基盤として使えるほどに速度向上が図られてきました。また、OSのに依存しないことでサーバの入れ替えやOSののバージョンアップにも対応しやすいことから長期運用が必要な場面で多く採用されてきています。

Java言語は構文もわかりやすく、基本と覚えやすいのもメリットです。ただし、現在主流となりつつあるインターネット系の各種言語に比べると構文が長すぎる、短縮して書きづらいなどの問題もありますが、プログラミング言語として考えるなら個人さがある問題とも言えるので開発したいソフトウェアに合わせて学んでいくのが良いようです。WindowsもMacOS、Linuxすら気にせず使えるソフトウェアを作るならJava言語が最適です

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *