削除出来ないファイルを削除するソフトウェアの利用

不用なファイルを削除していった場合に、時々、削除出来ないファイルに遭遇する事があります。

このようなファイルを削除するには、専用のソフトウェアを導入する事で解決します。ファイルが削除出来ない理由の多くが、権限の設定によるものです。OSによっては、右クリックからパーミッションを変更したり、コマンドによるパーミッションの変更が出来ない事があります。削除出来ないファイルを削除してくれるソフトウェアは、適切なパーミッションを判断してファイルを削除してくれます。

また、ファイルが削除出来ない原因には、他のプロセスが利用している為に削除が出来ないといったものがありますので、専用のソフトウェアでは、プロセスの切断を行ってファイルの削除が出来るようにしてくれます。アプリケーションのアンインストールを行って、削除出来ないフォルダやファイルが残ってしまう事がありますので、このような物もソフトウェアを使えば、綺麗に削除出来るようになります。

ブラウザなどのキャッシュ削除を行った時に残るキャッシュを削除するのにも使えます。システムを使う上で残っていても問題が無いファイルやフォルダでも、削除出来ないと気になる人はいますので、完全にファイルやフォルダを削除出来るソフトウェアの利用は、快適にパソコンを使いたいという人にとって重宝します。レジストリの最適化ツールと併用すれば、より健全なシステム作りを図る事が可能になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *