3Dモデリングを行う為のソフトウェアの活用

最近では、映画やドラマなどで3DCGが使われる事が一般的になっており、舞台セットの代わりに3Dモデルを使って街並みを作り出すといった事も行われています。

また、ニュースでは、事件の状況を視覚的に表現する為に3DCGを使う事があります。3DCGは、映像を見ている人々に視覚的に分かりやすく表現したり、リアルな表現を行いたい時に効果的な物です。近年では、パソコンが高性能化した事によって、パソコンでも3Dモデリングが出来るソフトウェアが使えるようになっています。

大規模なモデリングになりますと、高性能なマシンを複数台使ったクラスターシステムの構築が必要になりますが、キャラクターのモデリングなどであれば、パソコンでも行えます。3DCGを作成するソフトウェアは、有料の物からオープンソースの物まで幅広く公開されていますので、ユーザーのニーズに合ったソフトウェアを導入していくのが良いでしょう。

3DCG作成ツールには、各種作業を自動化させるマクロ機能が搭載されており、PythonやJavaScriptなどのプログラミング言語が使えるようになっていますので、学習コストを最小限に抑えて、マクロを作成出来ます。マクロ機能を最大限に活用する事で、繰り返して行う処理を短時間で実行出来る環境を整えます。3Dモデリング能力によって、出来上がりの3Dモデルの仕上がりや質感は変わってきますので、表現方法を考慮してソフトウェアを選択していく事が大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *